ウィルスとロボの7日間

■ストーリー
時は3XXX年、人類はとうの昔に滅んで荒廃したロボタウン。
ここで暮らすロボたちは低性能だが、多少の人工知能が搭載され、
自らなんとか電気を供給しながら活動を継続してきた。
また、わずかながら物品のやり取りをするなど、文化的な一面も見られた。
そんなロボタウンに突如悪い情報が入ってきた。
ハッカーのアジトの存在が明るみに出たのである。
これはハッカーが近いうちにこの町を滅ぼすということを意味していた。
「1週間以内にこの町にウィルスをまき散らす。」
そこで立ち上がった数体のロボたち。
しかし、彼らは低性能が故に一日にできることはごくわずか。
果たしてロボたちはハッカーのアジトを撲滅することができるのか!?

■ゲームの目的
このゲームはロボを動かしてウィルスからハッカーのアジトに関する手がかりを探し、
最終的にハッカーのアジトを没滅させることを目的にした完全協力型ゲームです。
※最初は完全協力モードでプレイしていただき、協力モードでは物足りなくなった方は
 正体隠匿モードでも遊んで頂くことを推奨します。

ハッカーのアジトは最初はどこにあるのかわからない状態ですが、
ウィルスを発見することでハッカーのアジトの手がかりを得ることができます。
ロボはどんどん増えるウィルスに対応しつつ、7日以内にハッカーのアジトを
撲滅させないとなりません。

■ゲームの特徴
ロボはぽんこつなので、動き方に大きな制限があります。
例えば移動は縦横に直進するのですが、障害物に当たるまで止まることが
できません。
また、常に減っていくバッテリーや、ウィルスなどによって負荷が上がっていく
CPUの管理がうまくいかないと、ロボはシャットダウンしてしばらく動けなくなってしまうので注意が必要です。

■アピールポイント
・ぽんこつなロボがかわいい。
・増えていくウィルスと、制限時間、ロボの動き等のジレンマあり。
・プレイ感はそこまで重くないため、勝っても負けてもリプレイ性高し。
 ※難易度はやや難しくなるように調整をしています。

■このゲームが好きな方におすすめ
・パンデミックなどの協力ゲーム
・デッドオブウィンターなどの半協力ゲーム
・ハイパーロボット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

新人弱小ぼっちボードゲーム制作サークルで活動をはじめました。 この度ゲームマーケット2019春にて『ウィルスとロボの7日間』というゲームを頒布します。 ■ゲームマーケット http://gamemarket.jp/booth/gm3105/ ■ボドゲーマ(レビュー歓迎) https://bodoge.hoobby.net/games/virus-robo-no-nanokakan ■フォアシュピール2019春 http://vorspiel.info/virus-robo-no-nanokakan